FC2ブログ
2018 / 12
≪ 2018 / 11 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2019 / 01 ≫

京都に高校時代の友人とランチに出かけました。

ちいさな隠家フレンチで、可愛らしいプレートを堪能しました。

予約してくれたHちゃんがごちそうしてくれたので、最近描きはじめてる巻紙の絵てがみのお礼状を

かいてみました。


hude_ete_convert_20181120144959.jpg


寺町の美術通りは、古美術店や、筆屋さん(龍枝堂)が軒を連ねていて、
ふらふら歩きには、楽しい通りです。

巻紙と青墨を買いましたが、Hちゃんのお礼状にまっさきに使いました。

すこおし、茶色ぽい色が出る墨だということだったのですが、薄めすぎたかな?

はがきに押す落款はちいさいかな?と思ったので、何年も前の台湾旅行でたったひとつ買った印を押しました。

干支がデザインされてるのですが、イノシシがあまりに可愛くなさすぎて
鳳凰を選んでしまいました。
スポンサーサイト

友人の知人から。。。。

韓ドラのブルーレイがどっさり届いた。

最初はそのあまりの量に恐れをなして、手が付けられなかった。

これ全部見るのに数千時間かかるのでは?というほどのファイルだった。

ちょっとだけ・・・と「完璧な妻」を見たら、テレビの前から離れられなくなった。

吹き替え版だとなおありがたいのだけど、そうでないもののほうが多い。

ダビングしてくださってる韓ドラフリークの御婦人は、87歳で、コレをライフワークにされているとのこと。

何台も機材をお持ちで、専門チャンネルにも複数入っておられて、番組表はもれなく蛍光ペンでチェックされているとのこと。

わたしはというと、いくら見ても、名前と顔が一致しない。

あ、この人は、あのドラマの何役してた人ね。。。程度。

ストーリーの展開はハラハラドキドキと、お約束のような交通事故と記憶喪失。

スタイリッシュな妻が愛人に負けるのか?と、腑に落ちない気分で見始めたが、最後はハッピーエンドで
ほっとした。

ホンギルトンは軽妙洒脱で、楽しかったし。

キム課長も楽しめそう。

でも、図書館で借りてきた本の期限も迫っている。

樹木希林さんのお茶の映画の原作。

夏休みの宿題をやり残したまま新学期イブを迎える子供の気持ちがわかりましたっ!

でも、返却後は当分遠慮します。ミアネヨ(韓ドラ見ていて覚えました


少し前から気になっていた簡易ジェルネイル機を買ってみた。

10数年前は月一でネイルサロンに通っていたけれど、
削られ続けた爪がUVライトに耐えられなくなった。

しみていたいのだ。

すっぱり足を洗って幾星霜。。。(笑)

今年に入って、がっかりすることがいくつかあって、気力も体力もがた落ち。

いろいろな方面のお楽しみからも撤退を図った。

これでいいのだ!


(。´・ω・)ん?

これでいいのか?




よくないのでは?


homei_convert_20180724104212.jpg


指先にキラキラを


くちびるに歌を!!







ツバメはいい知らせを運ぶ使者。

友人所有の型染?の額装を見せてもらったら、描いてみたくてうずうず。

tubame_convert_20180703133655.jpg

ツバメの動きがすご~くいい。

tubame2_convert_20180703133822.jpg

ツバメ飛びまくり。。。。(笑)

友達の手術を一昨日知ったので、成功を祈ります。

tubame1_convert_20180703134126.jpg

今朝、いっせいに巣立っていきました。

良い知らせをどうか届けてください。(祈)





わたしは、図書館のヘビーユーザーなのですが、著者の「ばっかり」読み
をつい、してしまうんです。

最近は永沢まことさんのペンスケッチの本を全踏破の勢いで借りて読んでいます。

きっかけは絵手紙ですが、どうもわたしは綺麗な色を自分の手で、塗る。という行為が楽しいらしいのです。

塗り絵かな?と思いやってみましたが、そうではなかったようです。

楽しくなかった。。。



私の本棚には、永沢さんの「絵を描く、ちょっと人生を変えてみる」の2002年初版本があります。

「こんな絵が描けたら楽しいだろうな。」そう思って、飛びついたのでした。。。。



ソンな思いで飛びついたのにもかかわらず、「いつか・・・いつか・・・」で、本棚にある本の存在すら忘れてしまっていました。


わたしの「永沢まことフェア」の始まりは、「とっておきスケッチ上達術」を手にしたことから始まりました。

それは、これから描いてみようという人に対しての超実践的な技術書だったからです。

何から描き始めればいいかを順を追って、本が教えてくれるので、本を読んでるうちに、材料をそろえたくなってくるのです。


模写が大事だということがわかり、描いてみるハードルがまた下がりました。


「真似」とか「パクリ」
という後ろめたさが払拭されて、いっそ清々しい。

お習字だってお手本を何度も練習するんだもの。

模写に罪悪感を抱くことなんかなかったんだわ。

丁寧な指南書は、永沢さんのスケッチ教室もあることを教えてくれ、なんと門下生の教室の存在も。。。

検索してみると・・・

わたしが通えそうな教室も見つかり、秋から通う決心をした次第。

新しいことを始めよう・・・と、今は心がウキウキです。

続かなかったらどうしよう。。。は考えないことにしています。

やってみたいことをやってみるんです。^^

「やってみたい」
と思ったことを忘れてしまわないうちに。(笑)



そして、絵の具や筆をPCでウインドウショッピングしてたら、おもしろいものを見つけました。

enogu_convert_20180613040659.jpg

おぼえたてのメルカリで透明水彩絵の具のパレットをゲット

出品者と落札者の10数回にわたるやり取りを読みふけってしまいました。

思いもよらず「透明水彩絵の具」沼にずぷずぷと足を踏み入れてしまった恐ろしさにめまいが。



マツコの知らない「透明水彩絵の具」の世界・・・やってくれないかな。

sourfruits

Author:sourfruits
FC2ブログへようこそ!