2018 / 06
≪ 2018 / 05 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2018 / 07 ≫

この家に住むようになって以来、22年以上働き続けてくれている
ばあや(national製 食洗機)の引退が決まった。

2度修理した2度目は18年目だったので、修理の方がもう部品がないと思うので。。。と
おっしゃった。

「これで買い替え」(嬉)とるんるんしてると

数日して「部品があったんですよ!良ければ今から行きます!」
なんて、嬉しそうな弾んだ声で電話がかかってきたものだから。
「ありがとうございます。。。」と、反射的に答えてしまった。

方々に当たってくださったのかなあ。

試しに聞いてみて偶然ヒットしたのかも。
なんか、めっちゃ嬉しそうだったもの。

食洗機を動かしている基板のようなものだったみたいですが、
部品代12000円だけで、いいとおっしゃって、帰って行かれた。
なぜなら、経年劣化で、もう、他のどこが壊れたって不思議じゃないからと。
もって2年の宣告だけど、明日壊れるかもしれない・・・てこと。

ところが、ばあやはずっとがんばっていてくれた。

引き出しのかごの下の滑車が熱で割れて半分になろうともおかまいなく。

お箸やフォークを立てるかごは、ばきばきに割れて用をなさないので、電気屋さんにとりよせてもらった。
500円だった。
「新しいのにしてくださいよ。よくなってますよ。」とのこと。
でも、実家や友人宅の食洗機の入れ替えを見てると、スライドオープンタイプが主流で
どうも、食器の出し入れがしにくそう。
同じタイプのがいいんだけどなあ。。。。

検索したら、ミーレの食洗機が出てきて、もう、どうせならと清水買いの心の準備をしたけれど。
200Vなので、新たな電気工事がいりそう。。。
シンク下の魔窟ものを全部出しての工事になるよなあ。。。。。。。。。。。。。
←ここで、すごすごと振出しに戻る。。

そういうことを繰り返していたら、扉が、バターーンと勢いよすぎる開き方をするようになってきた。

シュジンが、「なおしたるわ。」と言って
扉部分を分解して、ちぎれたばねの代用にと、ありあわせで工夫してくれた。
たぶん、ホームセンターに行けば変わる部品はあったと思うが。笑

バターーンはなくなったが、ゆっくり過ぎて、今度はぎぃ~~~~~~。

と、お化け屋敷の扉があく時のような音がしだした。

その音を食洗機の開け閉めのたびに聞かされたら、自分の仕事の失敗をずっとダメだしされているような
そんな気分になったらしく。

「もう、いい加減に買い替えてください。お願いします。」
お願いされたから、買い替えてやるとするか。笑

本気で探せば、フロントオープンの普通の値段の食洗機があるもんだ。
うちのばあやは、食洗機だけど、食器棚でもあるのよ。笑
だから、古めかしくても、わては絶対フロントオープンがいいのどす。

ネット注文で、こわごわだけど、現場で取り付け不可となってもキャンセルできるという言葉を
信じて、昨日発注した。
工事は1週間後。

ばあや。本当に長いことありがとう。
同じ機種のばあやは、全員とっくに昇天して、据え置き型に買い替えてそれも2代目というおうちだって
あるのに、よく頑張ってくれました。
この22年半

来週ねえや。(新品なので呼び名を変える)が来たら、またご報告します。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















sourfruits

Author:sourfruits
FC2ブログへようこそ!