2018 / 06
≪ 2018 / 05 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2018 / 07 ≫

三月の初めから、お片付けノートを始めてみた。http://www.okataduke-note.com/

1日、3~5コのモノを処分して、その理由をノートに書く。

ツイッターで、何のきっかけか忘れたが、見つけたのではじめてみたのだ。

自分にノルマを課すのは、気が進まないのだけれども。。。

たくさんのものを、えいや!と処分するのではなく、手にとって見て、
「コレはもう使わない。」と思うものは、ゴミ箱へ。。。

それほどたくさんのものを捨てた覚えはないけれど、前より綺麗になった小さなエリアが拡大し続けている。

あるいは点在しているその小さなエリアは、不思議に片付き続けるのだ。

とてもおもしろい。

絵柄にすっかりやられてしまって、用もないのに買ってしまったノートが3月1日からしっかり活用できることになった。

他の人たちは、あるのも忘れていたようなノートを使っておられることが多いけれど。

読み返せば、はずかしいようなごみをごみとして捨てている。

いつか使うかも。そう思って、ソコに置く、そのまま動かさないでいると、不思議なことに、モノは釘で打ったわけでもないのにピタリと動かなくなる。

時間が経つほど、風景としてそこにあるのが必然となる・・・オブジェになってしまう。

用もないけれど、ただそこにある。

家の中には、わけもなく、置いておいたものがいっぱいあるんだ。

三週間目に突入の今も、ノルマを満たす、ネタには事欠かない。

いっぱいあるから悩まないし、モノが視界から消えるだけで、その場所をさっと拭き掃除したくなる。

ある場所は、埃が一掃されたりする。爽やかだ。笑

疲れるほどのことはない。

それなのに、確実に、快適生活に通じている。

掃除魂に火がついたときは、止めずに没頭するといい。

もう何年も、ここを整理しなきゃなぁ・・・と、視界の端にとらえながらも素通りし続けてきたエリアが難なく
片付いた。
。。。。。。。。。。。。。。ミラクルだ。

続けていく上で、体得したのは、使い切る心地よさだ。
在庫を持ちすぎて結局捨てざるを得ないものを捨てる罪悪感とは対極のスッキリ感よ!
楽しい。うれしい。
片づけが下手なことをながいこと、コンプレックスとして持ち続けていたんだな。わたし。。


冷蔵庫の上から、行き場がなくてなんとなく置いていたものが消えて10日経つ。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















sourfruits

Author:sourfruits
FC2ブログへようこそ!