FC2ブログ
2018 / 10
≪ 2018 / 09 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2018 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何度か見送ってきたが、今年は京都市美術館の友の会に入会してみた。

美術館に出かけては、好きな絵を眺めるのが至福のひと時。

気候もよろしいので、先週の金曜日に、届いたチケットを握り締めて、いざ京都へ。

京都市美術館と別館のモダンアート展は、チケットでは入れるが、国立博物館の狩野派は、会員割引で入館できる。

ボリュームからいって、狩野派を先に見たほうがよさそうなので、家から近い順で攻めることにした。

すごかった。

朝早く出かけたので、混雑はそれほどでもなかったけれど、1点1点に圧倒される。

力強いもの、優美なもの、はっとさせられるもの。。。

kanou0-1.jpg

立ち止まって、いつまでも眺めていたい風景であったり、

「わ!!こんな絵を描いてみたい。」野望がむくむく湧き起こったり。笑

なのに、華麗なる臭いに、くらくら来て退散するも、臭いの主がお目当ての展示の前で、動かないという悲劇。

その日の京都は、真夏のような暑さだったので、仕方ないんだけれど。

もちろんわたしも含めてなんだけど、美術館博物館のシルバー層のうちのどれほどの人が、わかってご覧になってるのだろうか。

すばらしい芸術の前では、みな等しく、そして思い思いに鑑賞する権利と自由はあると思うのだが。

たまらなかったので、これからは、マスクによいにおいの何かを染ませて携帯しようと心に決める。

今回のは、明日のわたしに課題をくれたということで、対策いたしましょう


は~~~~

                           深呼吸
  
kanou1.jpg

すごーーーーくいいお天気だ。

ココで軽くお昼を食べて、次なる市立美術館へ
kanou3.jpg

意気揚々と中に入ってはみたものの・・・・・

美術館の中の順路が、とっても不思議なことになっていて、まさに探検だった。

普段は足を踏み入れないような場所にも案内されていたようだ。。。。

二階展示室の次は、地下へ。

地下の次はまた二階kanou4.jpg

最初は楽しかったのだが、体力が尽きてきたころには、もう展示がどうでもよくなって、スタンプラリーの様相に変わってきていた。

ああ、へとへとkanou5.jpgレトロなシャンデリアも霞む

もう、いいって!!!

出口はどこどす?・・・・・・


へろへろなくせに、後一枚のチケットも、同日に回ろうとする「やっつけ根性」


別館は、京都会館のエリアが改修中で、本当に開いてるの??といった外観だけれど、閉館時刻も迫りつつあったので、足早に。。。。

思いのほか、よかったのは、同じくらいの大きさの絵が並んでいたのと、1階をみたあとは、二階に移動すれば全部見られた安堵感が手伝っているんじゃないか???

力作ぞろいだった。

2~3点、もう一度みたいと思ったものさえある。

本館の展示は、わたしにはシュールすぎてよくわからないものの方が多かった。ごめんなさい。


パンパンになった足をさすりながら乗ったおけいはんだが。kanou2.jpg
ふっふっふ♪帰りは最前列~~。

こどもたちが「電車でGO」て、ゲームしてなかったけ?

とても楽しい一日でありました。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















sourfruits

Author:sourfruits
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。